マーケティング伴走パッケージ

ビジネスを躍進させる
戦略的サポート

700以上の支援実績を持つCREA STYLEが店舗マーケティングを総合的にコンサルティングし、成果を目指し伴走支援します。

単なる商品提供ではなく、顧客との深い繋がりを築きビジネスを次なるステージへ導くためには、効果的なマーケティングが欠かせません。CREA STYLEの店舗マーケティング伴走パッケージは、貴社のビジネスに合わせた実践的なアプローチで、確かな成果をお約束します。

解決できる課題

■ これからの店舗運営にマーケティングを取り入れたい
■ 既存のやり方では売上げがあがらなくなってきた
■ マーケティング手法を取り入れたいがノウハウがない
■ 顧客とのコミュニケーションがあまり取れていない
■ 顧客データの分析・活用が十分にできていない
■ 新規顧客の獲得に苦戦している
■ 広告費用が高騰し、費用対効果が悪い
■ クロスセル・アップセルの機会を活かせていない
■ 競合他社と差別化したマーケティングが必要
■ 店舗スタッフのマーケティングスキルを向上させたい

CREA STYLEの特徴

先進的なマーケティング手法の提供
最新のマーケティング手法を提供し、競合他社との差別化を実現します。

ビジネスに即した実践的なアドバイス
豊富な経験から得た成功事例や業種のノウハウをもとに、具体的な施策や改善点をお伝えします。

継続的なサポートで成果の持続的な向上
長期にわたりお店の成功をサポート。定期的な分析やマーケット変化に柔軟に対応し、ビジネスの最大化へつなげます。

なぜ店舗マーケティングに伴走が必要なのか?

現代の店舗経営はますます厳しくなり、新規顧客の獲得や既存顧客との継続的な関係構築が課題となっています。商品やサービスの質だけでなく、巧みなマーケティングが成功の鍵です。

広告の費用が上昇し新規獲得が難しさを増す一方で、成功している企業はCRMマーケティングに注力しています。メール、LINE、SNSなどのWEBマーケティングを体系的かつ再現性のある方法で活用することが、効果的な戦略の一環です。

プロのマーケターがマーケティング活動を専門的かつ継続的にサポートすることで、お店の存在感を高め、競争の中で際立った存在となることができます。新たな戦略の発見、適切なタイミングでの実行、そして顧客との関係性構築が可能です。市場の動向に柔軟に対応し、お店の成長を持続的に促進するために、自社にリソースやノウハウがない場合は、専門家による伴走は成果への道のりを早くする有効な手段となります。

実績・成功事例

・LINEマーケティング導入で通販売上が半年で約40倍に拡大(食品通販)
・サンクスページでのアップセル戦略導入でCV数が3倍に向上(ファッション小売)
・CRMツール活用によりLINEでの予約受付がスムーズに、毎回完売状態に(美容・雑貨ショップ)

マーケティング伴走パッケージ進行フロー

1. ヒアリング・事業理解

まず、貴社の事業内容、現在の顧客管理の状態や施策実施状況、店舗マーケティングに対する具体的な期待を深くヒアリングします。これにより、事業の背景やCRMを行うことで達成したい目的を正確に把握し、最適なCRM戦略を提案する土台を築きます。

2. 課題策定・要件定義

ヒアリングを基に、具体的な課題点や改善すべき部分を明確に策定します。また、店舗マーケティングの導入や運用に必要な要件を一緒に定義し、明確な目標を設定します。また、利用しているカートシステムやMAツールを加味してマーケティング実施のための準備を行います。

3. 戦略策定・計画立案

課題や要件を基に、効果的なマーケティング戦略を策定します。その上で、具体的な実施計画やスケジュール、必要なリソース等の詳細を立案します。貴社CRM・CSチームと連携を行い、スタッフ個々の具体的なタスクまで落とし込みます。

4. 実施

策定した戦略に基づき、定例(隔週)のミーティングで随時ノウハウの提供を行いながら施策を実施していきます。ステップメール制作やLINE公式アカウント構築、SNS運用のブラッシュアップなどがこれに当たります。

5. 分析・改善

仕組み構築後は、実施した施策の結果を分析・評価しながら継続的にブラッシュアップや追加構築を行います。季節要因がある商材の場合は長期的な目線を持って成果を検証しながら、次のフェーズの戦略設計を行います。

6. 最適化・追加施策実施

分析結果や顧客の反応をもとに、戦略や施策の最適化を行い、より高い効果を目指します。併せて次のフェーズの施策実施に入ります。一つの仕組み・施策だけではなくマネタイズにつながるポイントを増やすことでLTVがさらに向上していきます。

上記4〜6を繰り返し、一定期間プロジェクトとして実施します。

※ ある程度長期的な目線で施策を実施していくため、基本的には1年単位のプロジェクトとしてお取り組みすることを推奨していますが、期間は臨機応変に設定可能です。